プロとは

まだまだ偉そうに出来ないし、生涯偉そうに見下す事はありませんが(笑)

三ツ星食堂で大変勉強させて頂きました。

プロとは何か。50歳にしてようやくその入口に近づけました。

金もらってハジャイで結果幸せ自慢しているうちは、他人の幸をハイエナしているに過ぎない。

これはあくまで僕自身の気持ちの問題です。

 

プロと。

家族に対する愛が当たり前にあり。

それと同じ分の愛を売る物やサービスに注ぎ込む事が出来る存在。

技術面では、それは『ありのまま普通』を基本にしたメニューになる。

それをする事により、寂しがる人、苦しい人、悲しい人、犠牲者。これらがいない事。

 

自分の笑顔の後ろに。

寂しさ、苦しさ、悲しさ、犠牲があって笑っていられるなら、他人の善意の搾取をするハイエナに過ぎない。

 

自分が楽しい時。

一切の他人の不幸せを生まない存在。

それがプロ♫