個性

社会環境全体的空気の変化

なんて事、感じませんか?

私の周りで、にわかに騒がしくなってきたキーワード

『個性』

 

普段、基準だ追認だと書いているので(笑)

さぞ個性が出せないと思っている方がいるかもしれません。

 

実際は。

ピースインパズルのイメージは、個性を引き出すためのパズルになっています。

という事を簡単に説明します。

 

そもそもですけど。

シンクロナイズドスイミングを見ていたら分かるとおり、大企業がプレイヤー達に簡単な事のように指示する、全員一定で同じ品質結果を出すというのは理想論でしかないですよね。

 

一つ。

実際はそれぞれの個性に任せながら、出来たら、みな同じだと、会社や商品に手柄を奪ってしまうパターン。

 

一つ。

材料とやり方真似て、他人のそれと同じだと強弁して売ってしまうパターン(笑)

 

一つ。

実際は個性が出ていても、ワンブランドワンクオリティだと最後に強弁しているパターン。

吉野家の牛丼とか(笑)キーパーコーティングとか。

実際は、その店にいる人任せで、品質にブレがありますよね。

しかし、完成品は同じだと強弁しています。

 

なんてのがよくあります。

 

 

ピースインパズルは。

実は、基準を設ける事で、基準からブレた個性を表現できる仕組みです。

基準が追認されたら、追認された人は、基準以上ですよね。

この基準は、大衆の希望を叶えるための、あくまでもグランドイメージです。

実際の契約では、追認プレイヤーが個別のユーザーの希望を聞いて、プレイヤーごとの個性を活かして基準から微調整したプレイをします。

 

グランドイメージがあってこそ、個性が見えてきます。

逆に、追認されていない人が追認されている人と同じだと強弁したら、追認されて努力して個性を出したプレイヤーは当然怒りますよね(笑)

 

ヘタクソだって個性だし、上手だって個性です。