方法論と自認追認

やり方(方)と、法則(法)が相まって(方法)

今まで方法論と言って来た事は、『やり方論』に改めます。反省。

 

道具と材料とやり方で、目的に対して最高の結果が出る。

それは素人で。

 

道具と材料と方法で、目的に対して最高の結果が出る。

違いはわずかですが、法則を得ているのが、流通側にブレーキを持たなくても威風堂々と素人に勝るプロプレイヤー。

 

全てのブレーキ解除に挑戦!

 

人(プレイヤー)+物(道具と材料)=自認プロ実際素人同様

物(道具と材料)+法則=チームプリンステクノロジー+

人(プレイヤー)+チームプリンステクノロジー+=追認されたプロ

 

基礎法則があり、知識と経験と自惚れや卑下度合いの違うプレイヤーがいます。

基礎法則をプレイヤーごとに合わせて与える暖簾方式。

プレイヤーに合わせ、知識と経験具合を活かして、ほんの少しの修正アドバイスをトライアンドエラーします。

法則を得たやり方で方法に進化したプロプレイヤーとして追認します。

自認プロプレイヤーで終わるか

追認プロプレイヤーになるか

自由です。

 

追認って。

後々の耐久性や機能性を引き出す事に関わるので、やり方はともかく、それぞれのプレイヤーのやり方で法則が活きているかのハーフウェイを追認するんですよね。

そこが素人プレイヤーとプロプレイヤーの差でもあります。