技術の技

『パトリオットシールドフレームワーク参加技術者を知りたい』

【術を理解したか複数確認した共感試験の結果』

PATRIOTSHIELDFRAMEWORK.png

【技術者のWEBページへバナーから別ページへ】

lpgp.png

空から智慧、智慧から術(無)

感覚的な話で恐縮ですが、実際の話として、上手下手は別にして、物事を具体化するには、頭で考えて、腕で実行する事で、具体化するのは確かです。

私は、空間は考え方を、水は物質的な原子を、記憶している装置。

脳は処理装置(CPU)と一次記憶装置。

だという感覚を持っています。

仕事とはお金を稼ぐ目的ではなくて、必要とする人の役に立つ事が主目的で、対価のお金は結果だと思っています。

目的をもっと簡単にすると、『みんながアハハと笑い喜びを共感する』事を絶対理念として、ユーザー達と関わる人達に役立つ事になります。

土岐ピースインパズル所属は、ユーザーの希望をたくさん聞いて知っています。

常日頃それは常に頭の中にあり、希望を叶える智慧、インスピレーションが湧くのを待っています。

何かのきっかけで『あの希望が叶いそうだ』と智慧が湧き、考え方が出来上がります。

これが、理念、考え方、『術』です。

イメージ的には、『術』は土岐ピースインパズル所属の脳を通して空間の記憶域につながっていて、希望を探しているユーザーとつながっています。

色々な事を実現する『術』がある事になりますが、『術』の源泉になる智慧を上位として術の集まりを『愛車防御網パトリオットシールド術』としています。

『何もない』には少なくとも二つの状況があり、頭にすらない『空』もあれば、頭の中にはある『無』もあります。

無と空の使い方については、逆の方がいいのかもしれません・・・

作業者の技を使う技術というのは、頭の中の術が空っぽだと空っぽの技術しかできません。

作業者が頭の中の術を満たしていくほど技術は優れていきます。

それは確かだと思います。

 

無(術)から技術

智慧につながっている土岐ピースインパズル所属の術と、作業者の『技』がつながり『技術』となります。

当然『術』を作業者に伝える事になるのですが・・・

そもそも文字や言葉でイメージされたものではないので、量子的な念、テレパシー的なものでお互いに『考え方』を共感しながら伝えていくしかないという事はなんとなくお分かり頂けると思います。

術を得る事ができる作業者の資格は、そういう事情で『ありのまま』『謙虚』『正直』に、技はやり方が上手でも下手でも良く。

失敗経験だけ多少あり出来ない事が分かっていて、それを私と共感できれば、極めるには数十年かかるとしても、わりとすぐに稼ぐ程度には出来るようになります。

やり方の上手はあまり関係なく、考え方が分かれば、人は勝手に上手になっていきます。

智慧とつながる土岐ピースインパズル所属がテレパシー的な出力装置から出した『術』は、受け取った作業者の『技』までつながって『技術』と呼べるものになります。

作業者ではなく『頭が空っぽ』ではない『技術者』となります。

しかし仕事をしなければ『術』の一部を知っている単なる『無』です。

この技術者が仕事をするたびに『無』は『有』を作りだしていきます。

つまり技術者とは智慧を術とし術を考え方とし技で『有』にする役割という事になります。

 

自分が分かっているか心配

当然作業者にとって『空っぽの頭』に入る術というのは、他人が考えた事を借りたにすぎない訳ですから、考えた人が『あなた分かっている』と共感しない限りは、分かっているかどうか明確になる事はありません。

私も、私の方から分かっているかどうか確認する事はありませんし、共感する事もありません。

逆に『私が創造した考えた開発したのを教えた』と私に言われても嘘だから関係ありません。

この確認がないものは、別々のものです。

この心配する心は、ユーザーに対する義務責任感の現れで、私個人的にはこの考えを持った人を一流だと思っています。

お金は大事ですが、その前に自分の技術を売るという義務責任が優先されている証拠でもあります。

ですから永遠とは言いませんが、『術』を極め成長していく事に付き合う事になります。

できるだけ負担がないように、私も経費と対価は受け取りながら。

 

共感追認済プレイヤー

【10円玉でこすってもハガレない防護防錆】共感済プレイヤー

【愛車をローコストで楽にキレイに大切に長く維持するための塗膜処理】

【術を理解したか複数確認した共感試験の結果』

PATRIOTSHIELDFRAMEWORK.png

【技術者のWEBページへバナーから別ページへ】

lpgp.png

中の人側共感追認状況