今すぐ受注できる作業環境測定対応

下回り塗装など、本格的な鈑金塗装を行う訳でもないのにお店にとっては大変ですよね。

 

大変…

①作業環境測定、健康診断費用がかかる

②内製従業員の教育経費がかかってる

③新しい材料や技術についていく投資がかかる

 

作業環境測定目的は?

『労働者の健康障害を未然に防止する』ことが必要です。

 

そこで。

ユーザーに好評な耐久性に厳しい基準の防護防錆サービスを独り占めしないで準備しておきました。

 

だから出張OEM

①出張だから車を動かさない

②即時数時間完成

③施工者は独立したプロ。従業員への義務がない

④技術教育の必要がない

⑤出張だから最新の防錆サービスの作業鑑賞しながらいずれ内製を目指せる

⑥受注利益だけはある

⑦シャーシブラック、アンダーコート、防護防錆を別サービスとしてユーザーニーズに合わせて受注できる

 

サービス開始理由

ユーザーが評価する材料を活かすアイデアをイメージを実現出来る技術力で実行できる追求した品質。

大量生産大量消費だった現代は、技術は『やり方』であり、理由もわからずに平均的におこなえるように、職人からデータをとって作業員が行えるようにしたフランチャイズの考えにありました。

 

その基になった職人は絶滅状態で本がないから真似られない状況に陥りました。

従来の暖簾分けの考えは、『法則や理由』を知り『やり方』を状況で選択変更できる応用が効くものと師に追認されたものでした。

やり方が生み出せなくなってしまいましたので、理由を知る職人の昔に戻るしかありません。

数少ない職人を活かして稼働させながら、ある程度ユーザーが満足するレベルまで作業できる人財を増やし創造する事が、自動車産業とユーザーへの貢献と考えるからです。