(1)始まりと終わり。丸からまた始まる循環

創造主とは、物質ではなく。

希望である。

 

例えば希望の塊の中の一つは。

耐久性高い防護をしたい希望を抱くユーザー。

その希望は、それを実現するきっかけになる。

きっかけが創造主。

 

今回ユーザーから託して頂いた一連の仕事は、後々役割が分かりやすいようにまずFacebookに時系列で書き散らかしています。後で整理して残します。

 

循環の説明をします

句読点だと

、が経過、ハーフウェイ

。が循環ある終わり

 

私が生きてきた時代は

、で終わっていた時代でした。

 

創造主から始まり、創造主に還り終わる

一つの事、一人の人生の事、全体の事。

小さな循環から大きな循環まで、結局人間の欲が循環を止めて価値を独り占めしたとしても、全体の循環はしていますから、必ずいつか循環します。

 

、で終わっていた時代は

すでに。で循環しなければならない社会環境に変化しています。

つまり。

ビジネスの仕組みも、過去実績や経験のままではなく、相手に循環してもらうイメージを具体化していく、変化をそれぞれの実績経験がある人もする必要があります。

 

どうするか。

まずは、自分が金や権力と、希望。

どちらに忠誠を誓っているかが、創造のはじまりです。

 

資質は。

役割分担、お膳立てしない、求められていないアドバイスをしない、手柄分担、循環。

そんなところかなと思います。

 

創造主をイメージをするには。

自分だけ良いイメージではなく、創造主の希望が叶うイメージをする自分がイメージされなければなりません。

その為には、創造主に忠誠を誓う自分でなければなりません。

金や権力(偶像)に忠誠を誓う人ではイメージできません。

この、何に忠誠を誓っている人かは、これから大衆が買う理由を理解するために注目する事になるんだろうなと感じています。

僕は今までもこれからも、それしかできないので、創造主に忠誠を誓います。

金に頭は下げません。対価は当たり前だからです。

大塚家具などは、経営者が誓う忠誠の先の違いで、ガラリと違う会社になりましたよね。

 

今回の仕事は、心に創造主を持っていたユーザーに恵まれ、変化した仕組みを具体化してみる絶好の機会でした。

 

実は。この仕事も

創造主から始まっていた。

そして創造主の手柄で。の循環にしようとしています

利用だけするにならないように

 

。の前に

freestyleというプレイヤーの手柄

、で終わるか

 

。の前にビューコートという材料の手柄

、で終わるか

 

イメージを創造した私の手柄

、で終わるか

 

そうです。

私の手柄は、今までの時代からみるとなかった新しい手柄

 

しかしそれすら

。ではないのです

ここまでは、創造主の希望のイメージです

これだと手柄が各自に分断しています。

 

創造主の希望を叶えるイメージをした自分

この物質ではない存在に還したら、きっとまだ経験をしていない循環が始まるかもしれないと希望をもっています

 

すると、イメージ創造した私と、プレイをしたfreestyleと、材料を創造したビューコートと、希望をくれたユーザーと、全ての手柄。

私の手柄であり私だけの手柄ではない。

他の誰の手柄であったか、褒美は分け合ったか。

プロスパーアオモリに手柄が残れば全員の手柄。

それとは別に対価は分け合う。

手柄を奪い合う対価を奪い合うのではない。

そんなイメージをしています。

 

写真、真ん中の点は、景色を今書いているイメージをしている時、赤と青の光がクルクル回っていた存在です(笑)

いわゆるUFO(`・∀・´)

 

二時間ほどでいなくなりました