水について学説に少し疑問があるので書いておきます。

 

常識的には、水は蒸気で空中にあがり。

雨や雪として降り。

山で濾過される。

つまり、リサイクルされているものという学説的大衆常識があります。

 

水はH2Oで水素が主役。

水素単独では軽すぎて宇宙空間に飛んでいってしまいます。

酸素と結びつく事で重さを持ち、見える形で水素は地上にとどまります。

 

酸素が重くて水素が軽い。

水素は軽い。

軽くカルチャーショックの人もいるかもしれません。

 

さて。

リサイクルされているもの前提の水ですがら。

リサイクルではなくて、酸素と結びついたばかりの水だってあると思いませをやか?

再利用ではなくて、生まれたばかりの水。

 

少なくとも、青森県内や秋田県の縄文遺跡には水脈があります。

これ。

生まれたての水が湧き出している気がします。